12月19日までに、莱蕪と「一帯一路」国家、地域との輸入出食品農産物貿易額は合計で2.74億米ドルであり、前年同期と比べそれぞれに33.02%と44.04%となった。莱蕪と「一帯一路」沿線の国家、地域との食品農産物貿易額は、莱蕪食品農産物貿易総額の半分を占め、53.12%に達した。

 データから見れば、主に輸出をメインとし、「一帯一路」国家、地域に食品農産物を全部で6075ロット、2.71億米ドル輸出しており、前年同期と比べそれぞれに40.12%と32.93%となった。輸入の割合は小さく、輸入は12ロット、332.41万米ドルであり、前年同期と比べそれぞれに33.88%と100%となった。輸入出ロット、貨物価値は2015年同期と比べ大幅にアップした。輸出食品農産物において、パキスタン、アラブ首長国連邦、バングラデシュ、ロシア、サウジアラビア、マレーシア、スリランカの七国に輸出された貨物価値は約2.1億米ドルであり、莱蕪と「一帯一路」沿線国家、地域の輸出農産物貨物価値の約八割を占めており、主に輸出された食品農産物は、新鮮な野菜、漬け野菜とクエン酸及び製品等である。輸入は、インドネシアとイスラエルの二国に集中しており、主に輸入された食品農産物はヤシジュースと冷凍濃縮オレンジジュースである。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统