「設備から一回に油が出たので、顧客が非常に満足し、注文を追加する予定がある。」と、12月15日に、山東威馬泵業股份有限公司のエンジニア盧明は米国から帰り、気持ちが高ぶって話した。今月に、威馬公司は自分で開発して製造した「特有製品」無レバー知能採油プラントを米国テキサス州の熊溪油田に販売してみんな喜んだ。

  熊溪油田は米国テキサス州の半砂漠地域に位置している。12月に、油田で10年間動いている「コメツキムシ」オイルポンプが取り外され、ワンセットの中国からの無レバー知能採油プラントがその代わりに取り付けられた。これは、現地の人の注目を集めた。設備制御キャビネットには、赤い文字「中国山東威馬泵業」が載って、特に目立っている。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统