1月から11月まで、莱蕪検験検疫局は、自由貿易協定原産地証書合わせて4069部を交付し、商品価格1.43億ドルで、本市の輸出企業は関税968.8万ドルの減免を得られた。

 国家の自由貿易区域戦略のさらに推進することから、目下のところわが国はもう22の国と地区と、14の自由貿易協定を調印した。原産地許可は自由貿易協定の主な実施手段で、輸出品の関税を減免する証票として、「経済パスポート」と呼ばれる。

 貿易便利化の優遇政策を十分利用する為に、莱蕪検験検疫局は市商務局と貿易促進会と、強めに交流と協力し、原産地許可を登録からサインまで全ての過程を簡約化し、データ共有を拡大して、対外貿易企業に敏速、高効率サービスを提供する。原産地証明書の年審査登録をキャンセルして、許可発給の一体化を実施、国際貿易単一の窓口にて申告する事は発足。検査申告、通関手続き、原産地証明書の届けなどは窓口一つに集中した。「非自由化品目リスト」の原産地許可制度を実施し、90%以上商品に対してもう原産地チェックはいらなくなり、企業申告だけで直接原産地証書を交付するとし、「即時に出来上り」を基本的に実現され、これによって「急速なチェック通関」、「即時申請即時発給」の目標を達成した、「一番素早い、料金最低、サービス最高」の通関環境をも作った。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统