莱蕪市投資誘致優遇政策(試行)

  政策環境をいっそうに最適化し、大規模プロジェクトを莱蕪に進駐するように引きつけ、外商投資誘致の新しい突破を全力で進めるため、外来の投資の新設工業企業、ハイテク企業、近代的サービス業の企業に対して次の通りの優遇政策を提供する。

  一、財政奨励政策

  (一) 莱蕪市で工業プロジェクトの建設に投資して、規定に基づく容積率とムーあたり160万元のより低くない固定資産投資の標準に用地の定額を確定する。

  1、固定資産投資が1億元(あるいは1000万ドル)以上、5億元(あるいは5000万ドル)以下の項目について、企業が土地譲渡の料金を1回限りで決済した後、省レベル以上の税金と土地収用の農民の補償金および国家、省による規定して計上した基金を引き、あとの部分は同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分によって企業に奨励する。

  2、固定資産投資が5億元(あるいは5000万ドル)以上の項目について、企業が土地譲渡の料金を1回限りで決済した後、同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分によって企業に奨励する。

   (二) 再度建設用地を徴用しない企業と財政励政策(一)のを享受したくない企業は以下の政策を享受できる。

  1、新し設立の工業企業の年納税額が100万元以上のプロジェクトに対して、企業の生産開始年度から2年内、同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分の100%の金額を奨励、第三年目から第五年目まで地方留成部分の50%金額を奨励する。

  2、新し設立の文化業、観光業、商業貿易業、物流業などのサービス業プロジェクの年納税額が50万元以上に達する項目に対して、営業の日から2年内、同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分の100%金額を奨励、第三年目から第五年目まで地方留成部分の50%金額を奨励する。

  3、新し設立のハイ・テクノロジー、戦略的な新興産業の企業の年納税額が100万元以上に達するプロジェクトに対して、企業の生産開始年度から5年内、同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分の100%金額を奨励する。

  4、新し設立の金融サービス機関に対して、営業の日から2年内、同級財政から企業の年納さめるべきそして実際に納める営業税の地方留成部分の100%金額を奨励する。

   二、料金優遇政策

  料金は主に行政性料金、事業性料金、仲介サービス機構の料金などを含む。

  (一) 新設企業に投資場合は、登録と建設の過程中で、市と市以下の行政性料金(その中、都市のインフラの組み合わせる費の中で、ガスの熱エネルギー会社、水道水会社に代わって料金を除く)、事業性料金を免除して、仲介、サービス機構の料金は最低価格で徴収する。省以上の行政事業的料金は規定に基づき最低基準で徴収する徴収する。

  (二) 財政部門は専門的な料金徴収のウィンドウを設立する。各収費部門の料金項目はウィンドウで料金徴収名称、標準と根拠などの情報を公示する。料金の基準を統一、透明性や公正性を確保する。企業は直接に財政料金徴収ウィンドウで取り扱って、すべての部門はいかなる名義で別の料金徴収ウィンドウを設けてはならない。

   三、他の政策

  (一) 該市の経済発展、経済構造の調整に対して重大な影響がある重大な蛇口プロジェクト、戦略新興産業プロジェクト、重大な投資項目、ハイテクプロジェクトに対して、「一事一議」の方法をとって、財政奨励、料金徴収などでもっと優待する政策を実行する。

  (二) 財政奨励政策の実行。納税者から翌年の第1四半期に申告する。市考核办は関係部門とプロジェクトと投資額を認定、市税務部門は納税証明を発行、市土地部門は土地証明を発行、市財政部門は審査取り扱う。プロジェクトの財政奨励資金に対して、先に市財政から立て替えて、市街区の財力によって割合に分けて、市街区からそれぞれ負担する。

  (三) 本政策は公表された日から施行する。解釈権は市企業誘致局に持される。すでに制定した政策が本政策と一致しない場合は、当政策によって実行する。この前の投資項目は政策が変化なし。各区、高新区、雪野観光地、各町(大通り)は原則的に別の投資誘致優遇政策を制定しない。

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统