莱蕪は地区経済発展と資源条件が著しい。ここ数年来、莱蕪市委員会・市政府は科学的発展観を実行し、莱蕪の実際現状によって、“三大産業エリア”を発展して“4つの機能区”を建設する戦略的計画を作リ出して、莱蕪の経済社会発展の新しい骨組みをかけました。現在は、“三大産業エリア”と“ 4つの機能区”は迅速にそびえ立って、すでに莱蕪の企業誘致と資金導入の優良なキャリヤー、外国市场向け経済を発展するプラットフォーム、対外開放イメージを展示する新しいウィンドウになる。 
“三大産業エリア”: 
   (1)北部のエコツアー・エリア。雪野観光地を重点にして、生態資源は著しい。区域は北部の5つの郷・鎮、400 余平方キロメートルである。現在、88平方キロメートルの核心観光地区の総体企画はすでに完成されて、九竜グランドキャニオン、天上人家、雪野湖など10数ヶ所の生態観光地区を相次いで発展した。年間観光客は260余万人。旅行・休暇の過ごし、5つ星ランクホテル、レジャー娯楽、水上運動、山地運動、砂浜遊泳場所などプロジェクトを重点的に導入し建設する予定である。 
   (2)中西部のショウガ・ニンニク産業エリア。莱城のショウガ・ニンニク産業区を重点にして、国内一流な種質資源基地、標準化栽培基地、貯蔵・運輸加工基地と製品情報取引センターを全力で建設する。このエリアは全市の6つの郷・鎮、370余平方キロメートルである。現在は建設したショウガ・ニンニク標準化生産基地30数万ムー、ショウガ・ニンニク年間生産50万トン、全市では一所帯平均1トン以上である。加工・貯蔵・運輸の企業600余社、加工・貯蔵・運輸能力は120万トン、現地の生産高の2倍である。“ショウガ栽培資源基地”、“ショウガ・エンジニアリング研究開発センター”、“ショウガ・ニンニク産業区取引センター”などのプロジェクトは建設されている。ショウガ・ニンニクなどの農産物精密重加工、情報研究開発、貯蔵と運輸の取引などのプロジェクトを重点的に導入し建設する予定である。 
  (3)南部の鋼鉄加工物流エリア。莱鋼などの大企業の引率を通じて、鋼鉄産業の優勢を発揮する。このエリアは4つの郷・鎮、人口が25万人。鋼鉄高度加工企業372社、年間加工能力550万トン及び物流企業283社、年間物流量2200余万トン。齊魯鋼鉄物流園、莱鋼技術研究開発センターなどの重点プロジェクトを中心にし、鋼鉄精密重加工、近代的な物流産業などのプロジェクトを重点的に導入し建設する予定である。 
“四大機能区”: 
  “四大機能区”は莱蕪市ハイテク産業開発区、莱城工業区域、鋼鉄生産基地開発区、雪野観光地である。ハイ・テクノロジー、機械加工、エネルギー、紡織、旅行、サービス業、文化産業などのプロジェクトを重点的に導入し建設する予定である。
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统