莱蕪は中国の有名な食糧・野菜・果実・鳥獣生産基地である。「三辣」(ネギ、ショウガ、ニンニク)を豊富に産出し、栽培面積は40万ムー、総生産量は80万トン、「中国のショウガの故郷」である。サンショウは香りが良く、年間生産量が460万キログラム、「中国のサンショウの故郷」である。蜜桃はとても有名で、栽培面積が10万余ムー、年間生産量が12万余トン、「中国の蜜桃の故郷」である。莱蕪の「三黒」(黒いブタ、黒いニワトリ、黒いヤギ)は中国の牧畜の優良な品種である。莱蕪には恒温倉庫が230余基があって、中国の最大の農業副産物の恒温倉庫エリアが形成されている。農産物加工企業は350余社、年間加工・貯蔵能力は120万トン、製品は国内外の市場によく売れている。 
  その他に、莱蕪ソーセージ、莱蕪羊スープ、三葉虫化石工芸品、エスエヌ彫刻工芸品、莱蕪の文石、莱蕪のクリ、牛の心臓型のトマト、ケイケットウ・タンジン、陳楼糖瓜(芽糖で作ったウリ型のあめ)、焙茶、ショウガ酒などの特産物がたくさんある。 
  莱蕪は自然鉱物資源が豊富で、既に探査された石炭、鉄、銅、金、アルミニウム、亜鉛、花崗岩、大理石、石灰石などの十余種類の鉱物がある。特に、煤、鉄が豊富で有名である。石炭の埋蔵量は12億トン、鉄鉱石の埋蔵量は6.5億トン、華東地域の首位に立つ。原炭の年間生産量は400万トン、鉄鉱石は400万トン、「八宝鳳凰城」と言われた。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统